収納スペースをうまく使いこなす方法

押入れの中やボックスにタンスはすぐに物がいっぱいになってしまうことが多くて服や物が入りきらないままついその辺に放置してしまうことがよくありますが、とあるものを使って収納してみると、不思議と入らなかったものがどんどん入っていくんです!
その使用するものは、ダンボールまたは箱です。
使い方はいたってシンプルで、その収納箱に合わせてダンボールを切って一枚一枚にしていき、壁のように感覚おきに入れていきます。
その間、収納するものの種類によっては幅などが関係してくるのでそれに合わせて切って使用してください。
下着、靴下、タオルなど簡単に綺麗に混ざることなくしまうことができます。
服に関しては、夏服や冬服は別で入れておきたいので、それにもダンボール壁を利用すると簡単に収納できて余った隙間に対して、ダンボールを挟んでさらに収納ができます。
箱の使い方も簡単でその隙間に対して箱を入れてその中にものを入れることも可能です。
ダンボール壁で耐久性に心配される方は箱を使用してもいいと思いますので、この方法もオススメです。
この方法かなり便利で、牛乳パックの方法もあるのですが、匂いがきになるのでダンボールを使用したほうがいいです!
そのやり方をしてから服が増えてもだいぶ綺麗に片付けることができました。
ヤミ金弁護士

イデコで税金の減額を。

税金を制する者がお金を制すると言う言葉を聞いてから、私も少し位は税金を知ろうと思いました。その結果、加入したのはイデコです。
住民税や所得税の減税等が見込めます。イデコを初めて数カ月です。今年はまだ住民税の減額を受けていません。確定申告にて調整する事になります。
それが一体いくらの減額になるのか大変楽しみにしています。
イデコは自分の年金を作るイメージです。イデコに加入して数十年、せっせと運用する事で数百万円になります。人によっては掛け金の金額や運用益によっては1000万円も夢ではありません。
運用自体がどんな結果になるか、まだまだ未知数な所もあります。
投資信託や預貯金で保有する事が出来ます。仕組みとしては若干ややこしいし、手続きを面倒だなと感じる人は多いと思います。
私は投資信託も株もしているので、抵抗は少なかったです。
普通の預貯金なら、手数料を引かれてまでしなくてもタンスにするよと思われる人もいると思います。
確かに手数料の所だけ着目すると、マイナスになります。ただ、減税と言う部分では大きなメリットを受ける事が出来ます。
これ程の魅力を合わせて政府が推奨するのは、自身の老後は自身で賄えよと言う意味が込められているんだろうなと思います。
サラリーマンでも税金を減らす事が出来ます。打診してみてください。
【無利息キャッシング】今すぐお金を借りる無利息キャッシングはココ

7産後トラブル。姑はやっぱり他人

この夏に第三子となる娘を出産した時の経験談です。上の子供たちの面倒を見るのに主人だけでは仕事の都合上難しいということで、主人の両親に産前から手伝いに来てもらいました。娘は予定日を3日超過で生まれて来てくれました。経過は順調で無事に退院したのですが問題は退院後の生活でした。娘の夜泣きのせいか姑には毎朝今日も眠れなかったと小言を言われ、さすがに朝食の準備はお願いしていたものの、食料品の買い出しから昼食、夕食の支度、片付けまで全て私が行っていました
産前には当たり前にしていたことですが、産後間もないのに何でやらなければいけないのだろうと正直思いました。 また、睡眠不足で床上げもまだの時期にふらついて横になろうとしたら、まだ掃除をしてないから横になるなと言われてしまい、完全に途方にくれてしまいました。 手伝いに来ていただいている手前、下手に文句も言えず、夜中に1人泣きながらお手伝いが終わって姑達が自宅へ帰る日を指折り数えて待つという日々を過ごしました。
普段の嫁姑関係は至って良好ですが、それでもやっぱり他人は他人です。
長期に渡って一つ屋根の下に居れば互いに不満も抱えるしギクシャクしてくるということが分かりました。 主人に間違っても同居しても良いよなどと言わないようにしようと思えただけでも良かったのかもしれません。

知識とお金 国民年金の前納

恥ずかしい話ですが、自分が知らないことでお金をいつの間にか多く支払っていることが多々ありました。そのひとつが国民年金保険料の支払い方法についてです。
保険料は改定されますが、平成29年度の国民年金保険料は月額16,490円です。平成30年度は、月額16,340円です。
ご存知の方が多いでしょうが、国民年金は前納することで、その負担額が軽減されます。老後の年金の受け取りのことばかりがクローズアップされますが、病気やケガで生活や仕事が制限された場合にも、障害年金として受け取れるので、納付するのは必要です。
それでも、お得感は大切ですので、もっとも割引額のおおきい納付方法は、保険料の2年前納です。
平成29年度の場合でしたら、国民年金保険料を2年前納すると、378,320円となり、保険料は毎年みなおされていますが、おおよそ1ヶ月分以上、保険料は割安になります。
また、納付方法でも割引き金額は異なります。口座振替の場合でしたら、納付額378,320円。一方、納付書払い及びクレジット納付でしたら、納付額は379,560円となります。
保険料は、40年ほど納付しなければなりませんので、30万円ほどの差額が生じることになります。
制度を知ってから、前納を始めましたが、気持ちの上での余裕、もう支払ってしばらくは保険料のことを考えなくて済むという精神的な負担が軽減されました。

夕飯の後に買いものに行きます。

スーパーは夜の20時頃に出掛けます。夕飯を採った後に買い物に出かけるのです。
勿論節約の為です。夕飯でお腹がいっぱいになっているので余分な物を買いません。その上、時間的に安売りを始めています。
19時頃にも安売りをしていますが、それよりも売り切りの値段で販売されているからです。
刺身や総菜等は特に値引きになっています。
主人は仕事の関係上帰宅が23時頃になります。
ですので、それから主人の食事を用意しても丁度いいのです。
質の良い物を格安で購入し、仕事で疲れた主人を癒す事が出来るのもスーパーの半額シールがあるからだと思っています。
スーパーによっては焼き立てパンなども20%、50%オフになっています。
それを購入し冷凍しています。食べたくなった時に市場で購入するよりも格安の状態で購入した焼き立て(既に焼き立てではありませんが。)で頂く事が出来ます。
ちょっと小腹が減った時や子どものおやつにも重宝しています。
お腹が減っていない時間ですので、冷静に食材を購入する事が出来ます。
お客さんもまばらで他の人に触発されて不要な物を買おうと言う気にもなりません。
又、食事の後の軽い運動にもなっています。
食費も浮かす事が出来ますし、体重も浮かす事が出来ます。お勧めです。

カードローンを利用して

5年前に初めて銀行のカードローンに手を出しました。30万まで借りれる枠でやりました。
初めは一万円だけ借りましたが以外にも簡単に借りられて銀行やATMから降ろせることから自分のお金の感覚になってしまい。気づいたら半年も経たないうちに30万まで行ってしまいました。お金がなければカードローンでおろせばいいんだ。返済もカードローンで借りて返済すればいいんだと思っていましたが。
半年過ぎて借りることもできなくなり返済に追われてました。
カードローンは本当に感覚がおかしくなります。自分のお金ではないのに自分のものだと勘違いしてしまいます。
ボーナスで一括で返しましたがまだ30万借りれる安心からかまたカードローンに手を出す生活になりました。2回目の満額まで行きまたボーナスで返済してカードローンから脱出するため思い切ってカードローンの解約そしてカードを捨てました。
それから5年余り解約しているため借りることもできないので日々お金を使わない生活にかわりました。前ならお金を借りて買ったりしていましたがそんなにつかわないよなと自分に語りかけて考えるようになりました。
なければないで生活はできてます。5年前はどんだけ贅沢していたのか
シロアリ駆除 費用

anna sui の小銭入れ

大宮の 駅西口にある丸井の中で anna sui の小銭入れを見つけて、お嫁さんがなんと安く安く anna sui としてはとんでもない、安く1800円で小銭入れを見つけて嬉しくて嬉しくて仕方がありませんでした。 アナスイの財布といえば普通に15000円以上とかそんなとんでもない値段がするものです 続きを読む

二人目のお母さん、お嫁さんのお母さん。

お嫁さんのお母さんが私たちにお茶を送ってくれました。
お嫁さんがお茶はがないかなと送ってくれないかなと言ったら、お母さんはいいよと言ってそればかりか私たちが頼んだヘイもありますが、お母さんからたくさんお金も頂きました。
それからそればかりではなくてお母さんはティッシュペーパーもくれました 続きを読む

お仕事頑張るぞ

私はこれからどんどん仕事をして、生きれば外でバイトをしたいなと思いましたが、それはまず無理なので1日になるべく1000円くらい稼いでそしたら残り少しでもお金が稼げると思います。1日1000円稼ぐためには 私は400字で60円の仕事をしているので、 16個くらいかかなければなりません 。1日26を書い 続きを読む

ばかげてるな

私お嫁さんも本当に馬鹿でしたいぼ払いでもの全く理解していませんでした。理解していないどころか少しも素人しませんでした。金利についても何パーセントなのかを知ろうともしませんでした。
それだけバカなのか。
なぜお金に対してそんなに好きなのかと、本当に自分で自分を心の底から馬鹿だと思っています 続きを読む